支援体制・優遇制度

企業立地促進条例

最大1億円の課税免除。北広島市がバックアップする制度。
北広島市では、当市に工場を新設または増設した場合や新規雇用を行った場合に、一定の要件を満たせば最大1億円(期間3年)までの課税免除を行っています。また、企業進出のための情報提供から操業後のアフターフォローまできめ細かくサポートしていきます。

このページのトップへ

札幌圏設備投資促進補助金

工場新設、設備投資で札幌市から最大5億円の助成金。
製造業、情報通信業、運輸業、卸売・小売業、学術研究・専門・技術サービス業のうち「食品関連分野」「先端技術分野」における試験・研究・開発施設、工場、人材育成施設の新設に際して最大5億円の助成が行われます。

このページのトップへ

助成制度

北海道産業振興条例に基づいた、
最大15億円の助成を受けられる制度。
北海道は2008年に、北海道経済構造の転換を図るための企業立地の促進および中小企業の競争力の強化に関する条例(通称:北海道産業振興条例)を策定しました。これに基づき、工場の新設および増設、新規雇用の際には最大15億円の助成が行われます。

このページのトップへ

支援メニュー

国が定めた企業立地促進法による、多彩な優遇措置、融資制度。
「企業立地促進法」は、地域の特性と強みを活かした企業立地の促進を通して地域産業の活性化をめざすものです。この法律に基づいて、北海道と市町村が共同で「基本計画」を策定し、これに定められた要件を満たす企業は、税制上の優遇措置を受けることができます。
支援内容
  • 国税の優遇措置 新たに取得した工場用の建物および機械などについて特別償却を行うことができます。
  • 地方税の優遇措置 不動産取得税の免除(道税)、固定資産税の減免。※市町村によって措置の有無や内容が異なります。
  • 低利融資制度 (株)日本政策金融公庫による低利融資。
  • 中小企業信用保険法特例 地域産業集積関連保証による保険限度額の引き上げ。※制度ごとに優遇措置の対象となる要件が異なります。