分譲区画・価格・条件

土地利用計画

  • 大規模はもちろん小規模にも対応できる柔軟な工業用地
  • 用途地域は工業地域(建ぺい率60%、容積率200%)
  • 国道沿いにはロードサイド型の商業施設等の建設も可能
  • 特例工業団地のため、工場立地法で義務付けられている緑地面積(20%)、環境施設面積(25%)は団地内緑地で確保済
街区計画図
凡例

※上記街区図は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※街区面積には法面面積が含まれています。

街区面積一覧(宅地割)
分譲用地
(株)マツオ 日本梱包運送倉庫㈱ ユニシス 大和ハウス工業(株) 加藤産業(株) ホクリヨウ 日北自動車工業 大和ハウス工業(株) 中北薬品 大和ハウス工業(株) 大和ハウス工業(株)

このページのトップへ

街区のポイント

小区画から大区画まで、幅広くご用意しています。
区画の広さは最小約500坪~最大約28,000坪まで幅広くご用意。
さらに隣接する区画を組み合わせるなど、街区ごとにフレキシブルに対応できるので、ご希望の面積を得ることができます。
また、一般の住宅建設ができない「第2種特別工業地区」に指定されています。
2つの主要幹線道路に面し、スムーズに通行できます。
国道36号と羊ヶ丘通に面しており、国道36号沿いにはロードサイド型の商業施設等の建設も可能です。工業団地の中央にはメイン道路となる幅員18mのNo.1道路を設置。各区画に幅員14mのNo.2~No.5道路を設け、大型車などのスムーズな通行を促します。
地震の少ない北海道で、地盤も安定しています。
北広島輪厚工業団地周辺は、標高100m~120m程度のなだらかな台地。
台地面は新期火山灰層が堆積し、その下位には月寒火山灰層(砂礫主体)と野幌層(砂・礫・粘土)が覆っています。杭打可能地盤までの深さは概ね2m~10mで、N値は30~50です。