産業インフラ

道路整備

主要幹線道路に接した土地を選定。敷地内の道路はスムーズな導線を確保。

北広島輪厚工業団地は、高速インターに近く、幹線道路の国道36号や羊ケ丘通(延長工事中)に接しています。敷地内道路はスムーズな導線を確保。
また、心地よい景観と職場環境を目指し、開発区域内は緑の多い環境づくりに配慮しています。

羊ヶ丘通 大曲工業団地付近

このページのトップへ

ライフライン

安定した水資源と電力供給。生産性を高めるライフラインを整備。

企業進出に欠かせないライフライン。
水については野津幌層という地下水脈が走っており、良質の地下水を取得できます。
電気は北海道電力による安定供給。特別高圧電力など大量の需要に対しても対応可能です。
また、開発区域内では光ケーブルにも対応、より早く快適にご利用できます。

このページのトップへ

自然災害

開拓期から地震による大きな被害がなく、台風や雷の発生も少ない安心の地。

道内で起きた釧路沖地震や十勝沖地震などの大型地震の際にも被害はありませんでした。
日本全国の主な大都市と比較して地震回数の少ない都市との結果も出ています。
また、全国と北海道で台風接近回数や平均雷日数を比較した場合、どちらも北海道の数値が小さく、被害を受けにくい地といえます。

1926年1月~2013年1月までの震度3以上の地震発生回数

昭和56年~平成22年(30年間)の台風平均接近数

内陸にあるので津波の心配がなく、塩害も受けないので建物や設備の耐久性にもいい環境。

北広島市は内陸にあり、日本海の石狩湾まで約30㎞、太平洋の苫小牧港まで約40㎞離れています。津波の心配がなく、また、塩害も受けないので建物や設備の耐久性にもいい環境です。

日本海まで約30km、太平洋まで約40km